各コース概要

日本画コース

教育の基本方針 

日本画の基礎的な専門技術を習得し個性ある現代の表現として展開し、新たな作品を創造していく能力を養うことを目標とします。 在学中は最も多感な時期であると考えます。 これからの長い作家活動をしていく上での大切な一助となるべき教育を行います。
日本画トップ

 

日本画コースカリキュラム

日本画実習I(2年次)
植物、静物、風景、人体を対象として幅広く課題を設定し、日本画材料の特性を学び、個性を活かしながら表現力を育成します。 1年次のデッサン基礎実習の力を更に高め、自らの絵画観をもとに自由な発想で画面に向かう意識を育てます。 また模写を課題し、古典技法と表現の可能性を学びます。


日本画実習II、古美術研究(3年次)
日本画実習Iの課題に加え、個々の自由なテーマでの制作に取り組み、個性的な表現世界の発展をめざします。 引き続き高度な模写を課題して、彩色や空間に対する認識を一層深めます。


日本画実習III(4年次)
今までに培った表現を前提に自由なテーマをより主観的に咀嚼し、研究制作を続け、より高度な創造表現を目指します。
事前学習を踏まえ、直接作品にふれることを目的として美術館を訪れ、美の本質に根ざした表現を模索させ、自己の感性を育てます。
裏打ち技法の特別講習を行い、裏打ちを中心とした装こうの技法について学び、 四年間の研究成果として卒業制作展を地域社会に向けて発表します。

 

油画コース

教育の基本方針

油画コースではどのような局面でも自分らしさを引き受け展開していける力、自分の可能性を信じる力をアーティストパワーと考えます。 これを4年間で身に付ける事を目標としています。
oiltop.jpg

 

油画コースカリキュラム 

油画実習I(2年次)
基礎体力をつける
自分はものをどう感じ取り、どう捉えているのだろう。人体、静物、風景等身近なものをモチーフに油彩を中心に様々な描画材料での表現を通じて 自分の感覚を探ってゆきます。また下地実習では描画材料や基底材についての理解を深めます。他に演習としてフレスコ画技法演習、テンペラ画技法演習が あります。


油画実習II、古美術研究(3年次)
自分の特性をさがす
自分は何をどう表現したいのか。尾道近隣のフィールドを活かした風景課題や後期に行う自由制作等を通じ、自己の表現を多角的に模索していきます。 古美術研究(演習)では実際にヨーロッパを訪れ、古代からルネサンス、近代、現代の美術作品や建築、それを培ってきた現地の風土に直に触れます。


油画実習III、卒業制作(4年次)
自分の力を信じてやりきる
油画実習I・IIを踏まえ、各自テーマを掘り下げて卒業制作に取り組みます。後期終了時には卒業制作展を行い、4年間の成果を社会に向けて発表します。

 

デザインコース

教育の基本方針 

デザインコースでは研究室の専門分野を明確に打ち出してその世界への興味を促しており、より個人的に始動することが可能なカリキュラム編成となっています。2年次に視覚伝達・イラストレーション・映像・造形の4領域のうち1領域を選択し、専門領域のデザインを学びます。
designtop.jpg

 

デザインコースカリキュラム

デザイン実習I(2年次)
金工、セラミック、プラスチックなどの実材実習により各種素材の特性や技法を学びます。表現力の応用としてコンピュータによる各種グラフィックの実習を行い、 新たな創造力を育成します。 また、マーケティング実習、フィールドワーク、共同制作などを通して実社会の中でのデザインクリエイティブ領域を学んでいきます。

デザイン実習II(3年次)
デザイン実習Iをもとに各素材、分野の中から各々が選択して、それらの複合的な表現や、新たな表現力や技術力を修得します。
また後期には古美術研究旅行を行い、古代からの日本の歴史の中のデザインと美の関わりを学び、 デザインクリエイティブに対する理解を深めていきます。

デザイン実習III、卒業制作(4年次)
デザイン実習I・IIで学んできたことを基礎に、各自の研究テーマを設定し、卒業制作に取り組みます。 前期には様々な模索研究を行い、自己の研究テーマに対する視野を広げ、表現力や技術力を深めていき、後期には実制作へと入ります。 後期終了後に卒業制作展を行い、4年間の研究成果を社会に向けて発表します。