尾道市立大学尾道市立大学出張講座
「因島のカラス神事 - 宮島と熊野を結ぶ祭祀 -」を開催します。

 尾道市立大学地域総合センターでは、地域に開かれた大学を目指し様々な公開講座を開催しております。 今回は、初の因島での出張公開講座です。本講座は申込不要、参加費無料です。ぜひお越し下さい。

【日時】 2013年8月3日(土)10時~11時30分(9時30分開場)

【場所】 因島市民会館会議室

【研究報告】 尾道市立大学大学院文学研究科修士課程2年生 栢木希望

【司会・解説】 尾道市立大学芸術文化学部日本文学科准教授 藤井佐美

【テーマ】 因島のカラス神事 - 宮島と熊野を結ぶ祭祀 -

【内容】
現在、カラスは不吉な鳥と見られがちですが、祭祀においては神を先導する役割を果たしてきました。本講座では、在地に伝わるカラス神事を幅広い視点で研究し続ける調査者の報告をもとに、日本の伝承文化について皆様と一緒に考えてみたいと思います。

【問い合わせ先】
尾道市立大学 地域総合センター

TEL 0848-22-8311

kouza_h250803.jpg