尾道瑠璃ライオンズクラブ寄附講座 ~大林映画考~ 開催のお知らせ

 尾道市立大学では、尾道市出身で映画作家・映画監督である大林宣彦さんをお迎えして、大林映画の芸術性と文学性を論じ考える公開講座を開催します。
 大林宣彦さんは「転校生」をはじめとする尾道三部作・新三部作など数多くの映画を制作されており、今年は北海道の芦別を舞台した映画「野のなななのか」を制作、来春公開が予定されています。 また、映画の他、テレビコマーシャルの草創期にも携わり、その数は2000本を超えています。
 今回の公開講座では、大林監督のほか、特別講師として椹木野衣教授(多摩美術大学)、ローランド・ドメーニグ准教授(明治学院大学)、大林千茱萸さん(映画感想家)をお迎えします。
 当講座は、人を育てることを目的として尾道瑠璃ライオンズクラブのご寄付により実現したもので、広く市民の皆様にも公開します。お気軽にご来場ください。

日時  
●12月13日(金)  会場: 尾道市立大学 C4教室  定員:340名
13:00
 プロモーションビデオ上映
14:00
 「映画は何を語れるか」
 柴 市郎(尾道市立大学教授)
 ローランド・ドメーニグ(明治学院大学准教授)
 椹木野衣(多摩美術大学教授、美術評論家)
 大林宣彦(映画作家、映像社会学の研究)
●12月15日(日)  会場: シネマ尾道(JR尾道駅前)  定員:110名
第1部
「ふるさと映画とは」
9:00
 「100年ごはん」(2013)65分 監督/大林千茱萸
10:05
 シンポジウム「ふるさと映画とは」
 大林宣彦(映画作家、映像社会学の研究)
 椹木野衣(多摩美術大学教授、美術評論家)
 ローランド・ドメーニグ(明治学院大学准教授)
 大林千茱萸(映画感想家)
12:00
 「転校生」 (1982) 112分
第2部
「映画で世界に発信する」
14:00
 尾道市立大学学生作品上映と公開講評会
     大林宣彦監督作品 青春回顧録上映
18:30
 この空の花 -長岡花火物語-(2012)160分


※いずれの会場とも入場無料・予約不要です。
※定員の都合上、来場者多数の場合、入場をお断りする場合があります。
※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください(駐車場はありません)。
※12月13日(金)の公開講座当日は、新校舎建設工事に伴う外構工事中のため、正門からの入構は出来ません。こちらの案内にしたがって中門若しくは裏門よりご入構ください。なお、自家用車等は入れません

問い合わせ 尾道市立大学 芸術文化学部 美術学科 田村 TEL0848-22-8311(代)
ohbayashi.jpg