尾道ゆかりの講師を招いた「尾道学入門」講義 ~高橋玄洋氏~(2013.5.16)

 平成25年5月16日(木)の尾道市立大学「尾道学入門」講義に、講師として高橋玄洋氏(脚本家・劇作家)をお招きしました。

 講義において、高橋氏から、「小林和作と尾道」をテーマとした、尾道の文化的変遷や、尾道市名誉市民である小林和作画伯の経歴や人となり、また高橋氏と小林画伯との出会いやエピソードなどについてお話しいただきました。

 また、高橋氏は現在の尾道市立大学の前身である「尾道短期大学」の第1期卒業生であり、講義の中で、後輩になる受講生に対し、「尾道市は様々な文化が蓄積されたパワースポットのようなところではないか。皆さんにはこの尾道であらゆる文化を吸収し、大学生活を通じて自らの価値観や感性を育んでほしい」というメッセージを送られました。受講した学生も、熱心に聴き入っていました。
onomichigaku_kougi2013.jpg