尾道ブランド農産物認証シンボルマークデザインが採用されました

2015年6月3日

尾道ブランド農産物認証制度のシンボルマークに、尾道市立大学美術学科 デザインコース 3年生の楠原怜奈さんと木下睦月さんが作成したデザインが採用されました。

JA_rogo.jpgJA_rogo2.jpg

シンボルマークの尾道の文字は山・坂道・ロープウェイなど尾道のイメージを取り入れ、勲章の模様は、やまなみ街道としまなみ海道を表しています。

尾道ブランド農産物認証制度は、尾道の優れた農産物をブランド化して、多くの消費者に認知してもらうことで、消費量の増加と尾道のPRを目指すもので、今年度からスタート。JA尾道市やJA三原市が取りまとめて販売する農産物のうち、「イチジク・ブドウ・レモン」など特産品の中から、尾道ブランドとして認証したものにシンボルマークを付与します。

市やJA尾道市などでつくる認証委員会が「親しみをもって楽しんでもらえるデザイン」と評価して採用を決めました。このブランドマークは尾道市が商標登録する予定です。

 

市長定例会見 ブランド農産物認証(エフエムおのみちニュースサイト)

親しみもって楽しんで 尾道ブランド農産物認証制度のシンボルマーク決定 広島(産経ニュースサイト)