学生による興福寺石像設置箇所造成が行われました

2015年9月25日

 本学美術学科1年生の彫刻授業で「私の想い・百年後へのメッセージ」をテーマに制作された石像彫刻作品を、2013年から永久設置していただいている尾道市瀬戸田町の興福寺において、美術学科2年生を中心に石像設置箇所(ひな壇)造成作業を9月19日〜9月23日に行いました。

 現在設置していただいている石像が301体あり、今年制作した石像を設置すると当初の石像設置箇所が埋まるので、今回新たに造成したひな壇が今後制作する石像の設置箇所となります。

 また、興福寺において2015年9月26日(土)から10月30日(金)まで「第10回尾道市立大学石彫彫刻展」を開催いたします。

入場無料、期間中の日曜日10:00〜17:00は学生がご案内いたします。

 瀬戸田町(生口島)に訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

zentai.JPG

手前から中央が以前からの石像設置箇所。右手奥に見えるのが新たに造成した設置箇所です。

seichi1.JPG

作業の様子

syuugou.JPG

ひな壇造成を行った学生メンバーと、企画指導・現場監督の児玉康兵名誉教授

poster.JPG