公開講演会「哲学/文学セッション【尾道という「場所論」と「場の力」~光原百合作『扉守』から~パートVI】」開催のお知らせ

2015年11月12日

 尾道市立大学芸術文化学部日本文学科光原研究室では、尾道学研究会との共催により「哲学/文学セッション【尾道という「場所論」と「場の力」~光原百合作『扉守』から~パートVI】」と題した公開講演会を次のとおり開催します。

 本学教授・光原百合の作品集『扉守』(株式会社文藝春秋)の各短編を解読するシリーズも第6回目となり、今回は「ピアニシモより小さな祈り」を取り上げます。

      内 容:1.荒木正見先生講演 『光原百合「ピアニシモより小さな祈り」における悲しみと祈り』

                  2.講師による対談

  日 時:平成27年11月29日(日) 18:30~20:00

  場 所:尾道市立大学サテライトスタジオ1F(入場無料、事前申込必要)

  講 師:荒木正見 (九州大学哲学会会長・尾道学研究会顧問・哲学、心理学)
                光原百合 (尾道市立大学芸術文化学部日本文学科教授・文芸創作)

  申 込:地域総合センター (電話 0848-22-8311 【代表】)

  共 催:尾道学研究会、地域健康文化学会

  後 援:山陽日日新聞社