【第8回おのみち文学三昧】開催のお知らせ

2016年11月19日

 

 おのみち文学三昧は、「文学の街」尾道で、文学の魅力を堪能する尾道市立大学日本文学科主催の催し物です。

 尾道市立大学日本文学会と公開講演会の2部構成で、第1部では学科所属の学生や教員が日頃の研究成果を発表します。第2部の公開講演会では、怪奇・幻想文学研究の第一人者である東雅夫氏(文芸評論家・アンソロジスト)に、怪談の持つ奥深い魅力についてご講演と朗読をしていただきます。また、公開講演会に関連する本を題材にしたビブリオバトル(書評合戦)を開催します。
 

■第1部:尾道市立大学日本文学会大会 [12:30~14:00]
  ・学生や日本文学科教員等で構成される尾道市立大学日本文学会の研究発表会


■第2部:公開講演会  [14:30~17:00]

 ・ビブリオバトル
・東雅夫氏(文芸評論家・アンソロジスト)「ふるさと怪談の時代」

 

日時 12月10日(土)12:30~17:00
場所 しまなみ交流館2F 大ホール(東御所町10-1)
定員 400人
※事前の申込・予約は不要です。第1部と第2部の間には30分の受付時間を設けていますので、第2部の公開講演会からもご参加いただけます。お気軽にお越し下さい。
 (自家用車でお越しの方は周辺の有料駐車場をご利用ください)

 おのみち文学三昧チラシ(表)

おのみち文学三昧チラシ(裏)