MOU尾道市立大学美術館 「尾道市立大学美術学科教員展ーひらかれた扉 Open Doorー」の開催について

2017年3月11日

kyouinn2017.jpg

「尾道市立大学美術学科 教員展-ひらかれた扉 Open Door-」の開催について

 

美術作家やデザイナーとして活躍する本学教員の研究成果を広くご紹介するため、隔年で春に開催しております教員展は、今年で5回目をむかえました。豊かな自然に囲まれた大学の美術学科棟では、廊下を挟んで学生のアトリエと教員のアトリエが並んでおり、日々互いに刺激しあって教育・研究が行われています。多くの皆様に、まるでアトリエの扉から中へ足を踏み入れるようにして教員たちの創造や探求に触れていただきたく、「ひらかれた扉」という副題を掲げました。日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

 

会期/2017年(平成29年)3月24日(金)〜5月7日(日)
会場/MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間/10時〜18時
休館日/水曜日・木曜日(祝日開館、4月5日(水)は特別開館)

入館料/無料
関連企画/ <以下の通り。会場はいずれもMOU尾道市立大学美術館>
      ●ギャラリートーク    4月  5日(水)14時から(参加費無料)
      ●座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14時から(参加費無料)

 

 

■次回の展覧会

尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展

 

大学院で制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年生時の制作を発表します。


会期/5月20日(土)-6月11日(日) 

休館日/水・木曜日