再興第102回院展にて本学卒業生の山梨助教が受賞しました

2017年11月24日

 
 2017年11月22日(水)、美術学科小田野教授と山梨助教が再興第102回院展での受賞により、学長表彰を受けました。院展は、明治31年に岡倉天心らによって創設された日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会で、この度、山梨助教は2001年の美術学科開学以来、尾大の卒業生として初めての受賞となります。

 

【学長表彰の様子】

学長表彰表彰後の記念撮影

 

<展覧会名>
再興第102回院展

 

<受賞者>
小田野尚之:『小さな駅』 内閣総理大臣賞

小田野先生作品

作品解説文:これから何度も取材しに行こうと思っていたローカル線が廃止されることになりました。

 

山梨千果子:『なつのおと』 奨励賞

山梨先生作品

作品解説文:夏は涼やかなアイテムで部屋の中を彩ります。切子硝子の食器や照明、観葉植物たち。こうしたモノに囲まれていると自然と気持ちもクールダウン出来ます。ただ、猫にとっては寧ろ落ち着かない空間になってしまいました。

 

<卒業生・在学生の入選者>
酒井龍一(修士日本画修了)
松本香菜子(修士日本画修了)
時任美佳(修士日本画修了)
木村遙(修士日本画修了)
西村理奈(修士日本画 2年)
大河千里(修士日本画 2年)
木崎理菜(修士日本画 1年)


<展覧会の巡回情報>
岡山展
2018年1月2日(火)〜1月14日(日)/岡山天満屋 
一般900円/高校生500円/中小学生300円/茶券付き前売り券1000円

広島展
2018年1月18日(木)〜1月30日(火)/広島福屋駅前店、八丁堀店
一般共通券800円/1会場のみ500円/大高中共通券500円/大高中1会場のみ300円/小学生以下無料


<日本美術院ホームページ>
http://nihonbijutsuin.or.jp/index.html