『国立嘉義大学との交流展』の開催について

2018年4月9日

嘉義大学フライヤー.jpg

《『国立嘉義大学との交流展』の概要》

大学間交流の一環として国立嘉義大学ヴィジュアルアーツ学科と本学美術学科の教員作品の展覧会を、MOU 尾道市立大学美術館と尾道市立大学サテライトスタジオにて実施するものです。普段なかなか目にすることのない台湾の美術の現在が海を渡ってやってきます。これを機会に、本学教員の研究成果とあわせてぜひともご覧下さい。

会期/2018年(平成30年)4月28日(土)~5月27日(日)

会場/MOU尾道市立大学美術館、尾道市立大学サテライトスタジオ

開館時間/10時〜18時 入館無料
休館日/水曜日・木曜日(祝日開館)

 

【もう少し詳しくご紹介します】
尾道市立大学は、台湾西南部嘉義市の国立嘉義大学と2015 年に協定を結び、以来学生・教員間の交流を進めています。
このたびの展覧会は、その大学間交流の一環として行うものであり、初めての国際展企画です。
なお、2019 年春には台湾嘉義市にて交流展を行う予定です。

 

 

■次回の展覧会

「尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展」
大学院で専門的に制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年時の制作を発表します。
会 期:6月2日(土)~7月1日(日)
休館日:水曜日・木曜日