日本文学科藤本研究室主催 公開講座「いいかげんな漢字-ことばの扉-」開催のお知らせ

2018年10月19日

 

本学日本文学科 藤本研究室が、新聞社の校閲に携わる講師を招き、「漢字」にまつわる公開講座を開催いたします。
講師は、朝日新聞東京本社校閲センター員 兼 用語幹事補佐の田島恵介さんです。漢字に深くかかわりのある校閲センター員の視点で、昨今の「漢字」とのかかわり方、元来漢字とはどのようなものであったのかを説いていきます。
学生・教職員・一般どなたでもご参加いただけます。ぜひお越しくださいませ。

 

【講演名】  :いいかげんな漢字-ことばの扉-
【開催日時】:2018年11月29日(木)13:10~14:40(12:30開場)
【開催場所】:尾道市立大学 C棟3階・C4教室
※正門から入って、3つ目の建物がC棟です。
※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
入場無料・予約不要 

。。。田島恵介氏からのコメント。。。
かつて漢字は手書き字、印刷字が区別されていましたが、近年は手書き字形の印刷字形に対する過干渉や、正誤の基準の厳格化が目立ちます。漢字は字音も含めて、元来「いいかげん」なものであり、一義的には正誤が決められません。この講座が「漢字の正しさ」を相対化するための一助になればと考えます。

藤本先生公開講座

お問い合わせ/尾道市立大学地域総合センター
TEL/0848-22-3811(代)
MAIL/csc@onomichi-u.ac.jp