『 はじまりのかたち―素描―展 』の開催について

2019年2月18日

sobyou2018_header.png

 

 

  『はじまりのかたち―素描―展』の開催について

 

 

 

 

 

 

 

 

この度MOU尾道市立大学美術館において、『はじまりのかたち―素描―展』を開催いたします。今回は特別編として、造形作家やデザイナーとして活躍する教員の素描を、学生の作品と合わせて広く展示します。また、石膏や写生デッサン、下図といった従来の素描展での展示内容に加え、準備段階のスケッチや構想メモ、アイディアノートや写真によるメモ、作業途中の修正指示をも幅広く「素描」ととらえなおして提示します。

 

造形面だけでなく認知や思考における「素描」の機能を、あらためて視覚的に振り返るという新たな試みをぜひご覧ください。

 

 

 

 

『はじまりのかたち―素描―展』の概要

 

 

会期/201932日(土)~201956日(月・祝)

 

 

会場/MOU尾道市立大学美術館

 

 

開館時間/10時〜18時 入館無料

 

 

休館日/水曜日・木曜日(祝日開館) *特別開館44日(木)

 

  1. 会期中イベント/  座談会 「素描をめぐって」   44日(木)14時~

               〃  「沈黙研究会」      413日(土)16時~

                       ワークショップ「滲みからはじまる世界」428日(日)14時~

 

    (会場)MOU尾道市立大学美術館

 

 

 

 

 

次回の展覧会 「進級制作展」

 

大学院で専門的に制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院

 

2年生が、院1年時の制作を発表します。