「プログラミング学習支援研究の最新動向と展望」開催について

2019年10月2日

 下記の通り開催いたします。ぜひ、ご参加ください。

◯講座名:『プログラミング学習支援研究の最新動向と展望』

◯日時:2019年11月11日(月) 14時50分~16時20分
 
◯場所:尾道市立大学 C棟3階C4講義室

◯講師:松本 慎平先生
        (広島工業大学 情報学部 准教授)

◯内容:

昨今、プログラミング教育が話題に上ることが増えましたが、プログラミング学習者を効果的に支援するためには、プログラミングに要求される多様な学習要素を細分化し、要素ごとの評価を踏まえたうえで学習者に適応した教材を用意する必要があります。このような背景を踏まえ、講演者の研究グループでは、これまで、読むこと、考えること,操作することを中心としたプログラミング学習支援システムを開発してきました。それに加えて、初学者向け開発環境の構築、プログラミング読解中の視線の動きから学習者の思考過程を推定することを試みたデータ分析、プログラミング教育に関するデータ収集とそれに基づいた基礎分析なども推進してきました。本講演では、これまでの取り組みの概要と得られた成果を紹介し、今後の展望についてもふれる予定です。

〇モデレータ:有吉 勇介 (尾道市立大学経済情報学部教授)

◯対象:一般・学生・教職員
    ※一般市民の方々にも公開し、学内外どなたでもご参加いただける形で実施します。
    ※参加費無料、申込不要

○主催:尾道市立大学情報処理研究センター

〇協力:尾道市立大学地域総合センター

○問い合わせ先:尾道市立大学情報処理研究センター
        Tel:0848-22-8311(代)
        Mail:ict-rc&onomichi-u.ac.jp
           (メール送付時には&を@に替えてください。)

〇関連サイト:
    尾道市立大学
       https://www.onomichi-u.ac.jp/
    尾道市立大学へのアクセス
      https://www.onomichi-u.ac.jp/access.html?node_id=480:;

 

 

joho31.jpg