経済情報学科3年男子学生(経営コース)の一週間

時間割
1     地方財政論    
2   アジア経済事情 民法Ⅰ   経営管理論
3 マルチメディア論 専門演習Ⅰ 税務会計論   サブゼミ
4 原価計算論 経済学史     マーケティング論
5 社会政策   (就職実践講座)    
サークル活動など     サークル活動    

●私の一週間
 私は栗原町のアパートで下宿をしています。大学までは原付バイクで通っています。バイトはしていません。毎日の生活やこれからの就職活動、休日の遊びのためにお金を稼いで貯めておいたほうがいいと思います。
 3年生になってゼミ(専門演習)に入ります。経済・経営・情報の3つのコースの中から自分が興味のある分野のゼミに入って残りの2年間を過ごします。私は企業のマネジメントに興味があるため経営コースのゼミに入っています。
 2年生までに必修科目の単位を取っていれば、3年生からは入ったコースに合わせてさらに専門的な授業をとることができます。他には、自分がとりたい授業や興味がある授業などが選べます。1年間で履修できる単位数を超えないように、また先々楽ができるようにするためには3年生までに卒業できる単位数まで計画的にとることをオススメします。

 

●各曜日の説明
【月曜日】
 マルチメディア論は情報系の授業ですが、身近なデジタル機器やインターネットについて知っていて損はないような授業です。原価計算論は、原価について様々な計算方法を学びます。社会政策は、保育や就職・雇用、医療について幅広く社会問題を考えます。
【火曜日】
アジア経済事情は、日本と関係の深いアジア各国の経済についての授業です。経済学史はとにかく板書が多く、それをノートに書き写すのに必死な授業です。ノートに自分なりに分かりやすく書き写すか重要です。専門演習Ⅰでは、本の輪読をしてみんなで意見を出し合ったり、ゼミ主催のプロジェクトについて話し合ったりしています。毎回の内容が濃いこともあり火曜だけでは足りないため、金曜にサブゼミとしてもう1コマあります。
【水曜日】
 地方財政論は、国や地方の税金のやりとりや財政についての授業です。民法Ⅰは、文字通り民法の授業です。税務会計論は、企業の税金や会計についての授業です。この日の放課後にはサークル活動として軟式野球部で練習しています。普段あまり身体を動かす機会がないので思いっきり身体を動かしています。
【木曜日】
 この日は全休にしています。
【金曜日】
 経営管理論は、会社内の組織の仕組みや人間関係について考える授業です。マーケティング論は、どのようにして企業は成長していったのかを戦略的な面から捉える授業です。
【土曜日・日曜日】
 土曜日の午前はサークル活動をしています。休日は主に授業の復習や、買い物、原付バイクでドライブなどして過ごしています。一人暮らしなので家の掃除はこまめにしています。