学長挨拶

尾道市立大学長  中谷 武                                                                        学長からのメッセージyoutube.png

The President of Onomichi City University  NAKATANI Takeshi 

P3277931.jpg

 尾道市立大学は広島県南東部の尾道市にある公立大学です。尾道は、瀬戸内海の流通の要として、江戸時代から北前船の寄港地として栄えました。背後には尾道三山があり国宝の浄土寺など多くの重要文化財が立ち並び、前には美しい尾道水道が流れています。この山と海に挟まれた箱庭のような街・尾道は2015年に日本遺産に指定されました。また尾道は林芙美子や志賀直哉、平山郁夫や大林宣彦など多くの文人・芸術家が集い創作活動を行ってきたことでも知られています。
 本学が4年制大学としてスタートしたのは2001年ですが、実はその前に半世紀50年を超える歴史があります。1946年、終戦の翌年に尾道女子専門学校が設置されます。戦後の混乱期に将来の日本をリードする人材育成、特に女性に対する高等教育機関が必要だという声が地元有志から起こり、それが市や県、国を動かし、当時12校しかなかった女子専門学校の一つがこの尾道に設置されたのです。3年後に尾道短期大学に昇格して、それが現在の尾道市立大学の前身になっています。
 本学の教育の第一の特徴は、徹底した少人数教育です。1学年300名の学生に対して教員は約60名、平均すると学生5人に対して教員一人という徹底した少人数教育が可能な体制です。教育は人間と人間の触れ合いを通して行われますが、その最適な勉学環境が整っている大学だと思います。
 第二は、基礎から専門へという段階的教育カリキュラムです。経済情報学科では経済、経営、情報、日本文学科では日本文学、日本語学、欧米中国文学、美術学科では日本画、油画、デザインを1年間、あるいは2年間をかけて幅広く学び、それから専門に進みます。近年は実学重視ですぐに役立つ勉強が強調される傾向にありますが、世の中はどんどんと変化しています。すぐに役立つ勉強はすぐに役立たなくなるかも知れません。大学では何より幅広い教養と専門分野の基礎をしっかり修得することが大切です。
 第三は、現場で学ぶことです。経済情報学科では街中ゼミやサテライトスタジオを使った卒業論文の公開発表、日本文学科では尾道文学三昧や尾道草子などの企画、出版、美術学科では、大学美術館での卒業制作や修了制作展、そして商店街のPR、新しい商品開発、尾道市のPR等に学生がアイデアを出し合う地域活性化企画など、尾道を学習の場、創作の場、実践の場として積極的にかかわっています。この活動が尾道市民に支えられ、多くの取り組みが10年、15年と積み重ねられています。
 国際交流にも力を入れています。グローバル社会はこれからますます広がっていくでしょう。本学は、アメリカ、中国、オーストラリアの大学との交流を行ってきましたが、今回新たに台湾の大学4校との交流協定を結びました。学生の成長にとって地域社会や海外での経験は特別に重要な意味を持っています。
 是非、多くの意欲ある学生諸君が尾道市立大学に来て、有意義で充実した4年間を送ってくれることを願っています。
 

 

Welcome Message from the President of Onomichi City University

 Welcome to Onomichi City University

Do you know Onomichi?  Onomichi is a unique tourist attraction site and old historical town in Japan. Onomichi is an old economic city and one of beauty and culture. It has prospered as a key trade area since the Edo era and was famous as a rice trading center which was almost comparable with DOJIMA, the biggest market in Edo Japan. Moreover TOMONOURA near here is the point where currents from Osaka and Kyushu meet. Onomichi is also well-known for its literature and fine arts. NAOYA SHIGA, FUMIKO HAYASHI and IKUO HIRAYAMA were greatly attracted to Onomichi and conducted creative activities here. It is very natural that such a commercial and artistic city founded Onomichi City University. Many visitors were even more attracted to this city after the war because Onomichi didn’t suffer any war damage or serious natural disasters, so that the old appearance of the town is well preserved and many films use Onomichi as a backdrop.

Onomichi City University is rather small in scale, with about three hundred students in one year a total of 1,300 students. We have around sixty teaching staff which is roughly one teacher to six students. Onomichi City University is a university where you feel at home, characterized by the intimacy between students and also between students and teaching staff. You can easily establish new relationships which will surely increase your study motivation.

We must mention the origin of our university. It was the sincere endeavors of volunteers in Onomichi that set up an advanced women’s school in 1946, in a state of chaos just after the war. They considered that the next leaders of the new Japan should be prominent and well educated women. Their passionate spirits moved the city and the government. These forward looking and unselfish contributions have supported Onomichi and Onomichi City University.

One of characteristics of our university is off-campus study. Students majoring in Japanese Literature collaborate closely with Arts students to produce Books Onomichi. Students majoring in Design work with businesses in town and contribute to make company logos and promotional videos. This year we have opened a new satellite studio in town, which we hope will stimulate students’ activities in town. Onomichi City University is full of freedom and creativity. Why don’t you come and join with our pleasant and creative university life?