令和2年度後期について

2020年8月28日

 

学生のみなさまへ

 

尾道市立大学長   藤沢   毅

 

令和2年度後期について

 

8月も末というのに暑い日が続いております。
新型コロナウイルス感染症の拡大は、なかなか収束しそうにありません。学生のみなさまは、不安と閉塞感を抱えていることと思います。本学では、前期すべての授業を遠隔で行いました。感染が拡大する中、また一時は緊急事態宣言が出された中での対応でした。
さて、本学では8月7日に発出した「尾道市立大学新型コロナウイルス感染症に対する行動基準」に基づき、現時点を警戒レベル2と判断します。そのため、後期授業については「遠隔授業を中心に実施する。感染拡大防止の制限をかけつつ、一部対面授業を実施する」とします。またその他の行動基準も警戒レベル2に相当する対処をとります。学生のみなさまには、ご不安な点もあろうかと思いますが、大学としてできる限りの感染防止対策をとるために日々準備を進めています。みなさまにも、引き続き感染防止をお心がけくださいますよう、お願い申しあげます。詳細は、「授業について」「学生生活について」その他の説明文書をお読みください。
なお、警戒レベルの判断が変わった場合は、それに応じて対処します。大学からの連絡にはつねにご注意くださいますよう、重ねてお願い申しあげます。

 

青字をクリックすると記述箇所にとびます

授業について

対面授業

対面授業における感染防止対策

対面授業にあたって学生のみなさまへのお願い

美術学科実習および演習科目における感染防止対策

日本文学科のゼミや演習授業における感染防止対策

経済情報学科演習(ゼミ)における感染防止対策

対面授業を受講できない場合の教育的配慮について

オンライン授業

大学内でオンライン授業を受講する場合

学外でオンライン授業を受講する場合

・オンライン授業の環境整備

・通信環境整備の支援

オンライン授業の個別支援について

学生生活について

通学

図書館

施設利用

課外活動

健康診断について

その他

尾道市立大学連絡先

 

後期時間割表(授業形態付き)   ※ポータルサイトをご確認ください。

 

授業について

9月24日(木)から後期授業が始まります。遠隔授業を中心に、一部対面授業を実施します。前期とは異なり、遠隔授業を大学内で受講することが可能です。これ以降は、遠隔授業をオンライン授業と表記します。まずは後期時間割表【ポータルサイト掲載】を確認し、自分の履修科目の授業形態(対面授業かオンライン授業か)を確認してください。

 

対面授業

基本的に以下の科目を対面授業としています。

  1. 実習
  2. 演習(ただし時間割表でオンライン授業となっているものはオンライン授業で実施します。対面授業となっているものでも、受講者と相談の上、オンライン授業で実施する場合があります。くわしくは、授業担当教員に確認してください。)
  3. 1年生の必修授業の一部
  4. 授業内容から学科や授業担当者が対面必要と判断した授業

感染症の状況により警戒レベルの判断が変わった場合は、学期途中ですべての科目がオンライン授業に切り替わる可能性があります。

 

対面授業における感染防止対策

  • 対面授業参加学生について、登学予定の前14日間の健康・行動記録の確認を求めます。
  • 講義棟に入る前に当日の健康観察回答状況を確認し、未回答者にはその場で健康チェックを実施します。体調不良者には自宅での休養を指示します。
  • 教室では1m以上間隔を空けて着席することから、教室定員を通常の半数以下(試験時座席の80%以下)に設定します。受講者数が教室定員を超えた対面授業については、映像配信システムによって別教室に分散配信します。
  • 全授業で座席指定を行います。授業開始時に出席および座席配置の確認を行います。必要な場合は座席位置の調整をしますので授業担当教員に申し出てください。
  • 定期的に窓やドアを開放し、換気を行います。
  • 教員、学生ともに、授業中は必ずマスクを着用し、こまめな手洗いを励行します。
  • 対面で発話・発声を伴う場合は、2m以上離れて行います。また、教員は必要に応じてフェイスシールドを用います。
  • 教室や共有スペースに、飛沫防止のためのシールドパーティションを配置します。
  • 休み時間に教室や設備の消毒を行います。

 

対面授業にあたって学生のみなさまへのお願い

  • チューターが登学予定の前14日間の健康・行動記録を確認しますので、必ず健康・行動記録をつけてください。チューターからの連絡にはすみやかに応じてください。
  • 発熱や咳など、少しでも体調がすぐれない場合は登学しないでください。授業については代替措置をとりますので、教務係か授業担当教員に申し出てください(後日公欠届を提出してください)。
  • 授業前後の移動や授業中の着席場所については担当教員の指示に従ってください。
  • こまめな手洗いや手指消毒をしてください。大学でも消毒液を準備しますが、ご自身でも持ち運び可能な消毒液を持参してください。

 

美術学科実習および演習科目における感染防止対策

美術学科の実習および演習科目はD棟アトリエ、工房等施設を用い、対面式で実施します。各アトリエ、工房入り口に消毒液を設置しています。また各アトリエ、工房の状態に応じてシールドパーティションを設置し、使用人数制限・管理を行います。学生のみなさんは、授業中は必ずマスクを着用し、こまめな手指消毒、フィジカルディスタンスへの注意をお願いします。定期的な教室の換気や備品消毒にもご協力ください。自身の健康管理をきちんと行うことが、授業に参加する前提となります。毎朝10:00までに必ずポータルの健康観察に回答してください。

 

日本文学科のゼミや演習授業における感染防止対策

対面式で行うゼミや演習授業については、以下の対応を行います。

  • ゼミや演習授業は、フィジカルディスタンス(対面で発話・発声を伴う場合は、2m以上)を確保でき、換気が十分にできる教室で行います。研究室は使用しません。ゼミの教室や時間は、時間割表に掲載していませんが、指導教員から連絡します。なお、資料貸し出し等の短時間の利用を除いて、個別指導においても研究室は使用しません。
  • 着席場所については、フィジカルディスタンスを確保するため、担当教員の指示に従ってください。なお、毎回、各自の座席位置の記録を残します。
  • 授業前後の移動や授業中の着席場所については担当教員の指示に従ってください。
  • 長時間の滞在を避けるために、ゼミの時間は可能な限り90分を越えないよう、また終了時間が18:00を越えないよう配慮します。

学生のみなさんは、以下の対応をお願いします。

  • こまめな手洗いや手指の消毒をしてください。
  • ゼミや演習授業中は、必ずマスクを着用してください。
  • ゼミや演習授業中は、飲食禁止です。
  • ゼミや演習授業前後の休憩時間に会話する際も、感染防止に配慮した行動をお願いします。
  • 演習授業その他の授業でのグループ研究、グループ発表にむけての協議、打ち合わせにおいても、なるべくTeams等を利用してリモートでおこなうよう工夫してください。
  • 自身の健康管理をきちんと行うことが、ゼミや演習授業に参加する前提となります。毎朝10:00までに必ずポータルの健康観察に回答してください。

 

経済情報学科演習(ゼミ)における感染防止対策

経済情報学部の対面式演習(ゼミ)については、新しい生活様式のもと、フィジカルディスタンス(対面で発話・発声を伴う場合は、2m以上)を取り、大学が定めている感染予防のための健康観察および手指消毒、マスクの使用、教室の換気、使用機器の使用前後の消毒等を確実に行い、演習室ではなく十分広い教室で演習(ゼミ)を実施します。さらに、フィールドワークを行うゼミでは、実施にあたっては、①ゼミ生を半分に分けて行動、②マスク・消毒・密にならないことを徹底、③長時間の活動を避ける、等の工夫をします。※学生の意向や感染状況によっては、フィールドワークは行いません。

 

対面授業を受講できない場合の教育的配慮について

感染リスク等から対面授業を受講できない学生を対象に、オンラインによる学修を可能にします。希望者は、原則として9月30日(水)までに申請書を提出してください。担当教員からオンライン学修の説明書を送ります。対面を前提とした授業のオンラインによる学修では、情報の量や質が限られたものになる可能性があります。説明書を読んだ上で、次年度以降に履修する可能性を含めて履修を検討してください。学期の途中でオンラインによる学修に切り替えたい場合は、授業担当教員に相談してください。
なお、障害のある学生が、適応可能な修学環境を得るために、対面を前提とした授業のオンラインによる学修を希望する場合は、授業担当教員や関係部署と連携して、合理的な配慮および支援を行います。この場合は対応窓口で相談を受け付けます。チューターまたは医務室にお問い合わせください。

 

オンライン授業

オンライン授業は、授業時間割通りの時間に進行する「オンタイム型」と、受講生が任意の時間に受講する「オンデマンド型」に大別されます。本学後期のオンライン授業は原則として「オンタイム型」で行います(ただしオンタイム型授業公欠者にはオンデマンドで受講できるように個別対応します)。オンライン授業の内容や課題量については、前期授業評価やアンケートをふまえて改善を行います。各オンライン授業をどのような方法で行うかについては、後期開始前に一覧表を作成してお知らせします。
前期はすべて遠隔授業で実施し、学生のみなさんは自宅等で遠隔授業を受講しました。後期は、対面授業とオンライン授業が混在する時間割になります。そのため、大学内にオンライン授業スペースを用意します。

 

大学内でオンライン授業を受講する場合

C3教室(パソコン室)、C4教室、C5教室(ラーニングコモンズ)、翠明館(1階および2階パソコン室)、E棟2~4階のラウンジを大学内オンライン授業スペースとします。また204教室と304教室をオンライン授業受講機器の充電スペースとします。利用方法の詳細は後期授業開始までにお知らせします。パソコン数や座席数には限りがあります。ノートパソコンを持っている方は、充電した状態で持参してください。ヘッドフォンやイヤフォンも準備してきてください。

 

学外でオンライン授業を受講する場合

・オンライン授業の環境整備

「実家にはパソコンがありネット環境もよかったが、一人暮らしの尾道のアパートにはまた通信環境やパソコンが揃っていない」という人もいるかもしれません。ノートPCの貸し出しや、通信環境整備の経済的支援を行っていますので、各自積極的に利用してください。前期は、学生の受講環境が整わないことを前提に授業を構成していましたが、後期は、動画配信授業を増やす予定です。

 

・通信環境整備の支援

ポケットWi-Fiなどの初期導入費補助として10,000円を支給します。また、前期にはお断りしていたテザリングオプション契約による通信費用増についても、このたび支援対象にしました(前期にお断りさせていただいた方は、改めて申請してください)。
Wi-Fi機器の購入や契約を決めたら、購入予定機器の注文画面や店頭展示写真、契約書等を添付して大学事務局宛(jimukyok@onomichi-u.ac.jp)にメール送信してください。支援可能かどうか3日以内(土日祝日を除く)に返信します。返信内容に従って手続きいただければ、内容確認後、10,000円を指定口座に振り込みます。(不明な点は事務局総務課にお問い合わせください)
   ※令和2年4月19日以降の購入や契約がわかる書類があれば支給します。
   ※設定方法がわからない場合や故障時の対応方法については情報処理研究センターにお問い合わせください。
   (後期から、各社回線Wi-Fi機器1種類ずつを、故障時レンタル用に用意する予定です)

 

オンライン授業の個別支援について

パソコン操作等に不慣れなためどうしたらいいかわからない、課題の量が多すぎて整理できないなど、後期オンライン授業に不安を抱えている人もいると思います。9月中にチューターや医務室にご相談いただければ、必要に応じて後期オンライン授業の個別支援を行います。
障害のある学生が、適応可能な修学環境を得るためにオンライン授業の個別支援を希望する場合は、授業担当教員や関係部署と連携して、合理的な配慮および支援を行います。チューターまたは医務室にお問い合わせください。

 

学生生活について

通学

公共交通機関を利用した通学時においては、マスクを着用し、間隔をあけての利用、会話を控えめするなど、新型コロナウイルス感染症感染予防に徹底して取り組んでください。代わりの通学手段が検討できる人は、公共交通機関を使わない方法での通学を考えてください。
おのみちバスについては、通学時等混雑が想定される時間帯には、運行事業者に増便を依頼しますが、利用にあたっては、上記の感染予防に取り組んでください。なお、バス定期の購入を希望される場合は、日程を決め、本学内で定期券販売をバス運行事業者に依頼します。日程については、後日お知らせします。
原動機付自転車(原付)及び自転車等を利用して通学する場合、本学内に入構にあたっては、裏門から入構し、構内においては、降車または徐行運転し、指定場所に駐輪してください。

 

図書館

利用人数・時間を制限しながら利用していただきます。くわしくはポータル配信【図書館ニュース】「図書館の入館利用について」を参照してください。

 

施設利用

後期授業開始に当たり、学生食堂、ニューヤマザキデイリーストアの営業について、業者と調整をしているところです。営業時間等決まりましたら改めてお知らせします。
当面は、昼食等準備のうえ、通学をお願いします。
画材販売について、ウエダ画房は通常どおり営業いたしますので、密にならないよう、必要に応じてご利用ください。

 

課外活動

引き続き、本学行動基準表警戒レベル2の課外活動基準に沿って活動してください。くわしくは、ポータル配信【重要なお知らせ】「8/17以降の課外活動(クラブ・サークル活動)について」を参照してください。

 

健康診断について

9月14日、15日、16日に本学E棟にて健康診断を実施します。新型コロナウイルス感染症防止対策のため、学籍番号順に日時を指定して行います。ポータル配信【医務室からのお知らせ】「学生定期健康診断について」をよく確認し、指定された時間内に受診してください。受診する場合は健康診断日2週間前から通学時滞在先に滞在し、受診当日まで、健康・行動記録票(健康診断用)の記録を続けてください。記録した健康・行動記録票(健康診断用)は健康診断当日に受付に提出してください。
今回の日程で受診できない場合、検診所において10月中に受診していただく方向で調整中です。現在の滞在先からの移動に不安を抱えている人は健康診断のために無理に移動する必要はありません。判断に迷う場合はチューターに相談してください。

健康診断終了後は速やかに帰宅してください。

 

その他

1年生を対象に、9月16日の健康診断の日に、学友会執行部主催の部活動・サークル活動紹介が実施される予定です。詳細は後日学友会執行部からお知らせします。

 

尾道市立大学連絡先

代表電話;   0848-22-8311(平日8:30~18:00)

事務局E-mail;   jimukyok@onomichi-u.ac.jp

(時間外・休日受付可、ただし、緊急の用件以外は平日8:30~18:00の対応)

医務室E-mail;   health-support@onomichi-u.ac.jp(平日8:30~18:00)