冬季休業中の過ごし方について(注意喚起)(在学生の皆様へ)

2020年12月15日

 

学生のみなさまへ

 

尾道市立大学学長

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けてのみなさまのご協力に感謝します。
全国的に感染状況が急速に拡がる中、年末年始を迎えます。12月26日(土)~1月3日(日)は大学の冬季休業期間です(但し12/26は補講日)。基本的な感染防止対策・毎朝の健康観察を継続すると同時に、以下の点に特に留意してお過ごしください。

1.感染リスクを高める行動(会食や飲み会等)の回避
年末年始は行事の多い時期ですが、リスクが高まる5つの場面(飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり(場所をかえての休憩で密になるなど))を回避してください。

2.発熱等の症状がある場合
外出を控え、直ちに受診するとともに、イベント参加や他の都道府県への移動を行わないでください。

3.帰省等による他の都道府県・地域への移動について
帰省等で通学時住所から移動する場合は、移動前にチューターに報告してください。移動先から通学時住所に戻ったら、当日を含めて 10 日間は本学書式の健康・行動記録をつけるとともに、不要不急の外出を控え、他者との接触を控えてください。その間、大学構内への立ち入りはできません。日帰りでも「都道府県が不要不急の外出自粛を要請している地域」や「直近7日間の10万人当たり新規陽性者数が15人以上の地域」への不要不急の移動は控えてください。状況は日々変化しますので、最新の情報を確認してください。

4.大学への入構
12月27日~1月3日は大学休業日のため、構内への立ち入りはできません。1月4日以降は原則としてオンラインで授業・試験を行います。1月4日以降、上記3に示した要件を満たしていれば、学内施設利用のための入構は可能です。年明けにはじめて入構する場合は、入構日からさかのぼって10日間の健康・行動記録を事務局窓口に提出してください。翠明館、図書館は19:00までの利用となります。

5.課外活動(部・同好会等の活動)
12月27日~1月3日は課外活動はできません。1月4日以降の課外活動についても原則認めませんが、必要な場合は学生係にご相談ください。

今後の感染拡大状況によって対応を変更することがあります。引き続き細心の注意を払ってお過ごしください。