尾道市立大学美術学科『Curriculum -授業作品展- 』の開催について

2021年7月14日

curriculum_header.png

「尾道市立大学美術学科 『Curriculum -授業作品展- 』の開催について

 

 今年度も、MOU尾道市立大学美術館では『Curriculumカリキュラムを開催いたします。

 本展覧会は、その名のとおり、尾道市立大学美術学科の教育課程(カリキュラム)の中で制作された作品を通じて、日本画・油画・デザインの各コースでの取り組みをご紹介するものです。昨年度以来の新型コロナウイルスの感染拡大により断続的ではありますが、美術系の大学では不可欠なアトリエでの実習が実施出来ないという異例の事態も経験することになりました。その時期学生はアトリエ・工房など大学の施設を用いた制作が出来ず、教員もカリキュラム内容や実施方法について試行錯誤しつつ授業を展開してきました。
 前回に引き続き、今回もそれらの試みの一部も紹介します。そのようなコンディシ
ョンの中、自らの将来に対する期待と不安がないまぜになっている若い世代が創作現場で作り出した作品群をぜひご覧ください。 

 

 

会期/2021年(令和3年)7月24日(土)〜8月15日(日)
会場/MOU尾道市立大学美術館
開館時間/10時〜18時
休館日/水曜日・木曜日(祝日開館)
入館料/無料

                 

      

 

 

■次回の展覧会

 「In Focus 12-卒業生の現在-」

      本学を卒業・修了し、各分野で活躍している新進作家、木村遥(日本画)・柴田七美(油画)・青井典子(グラフィックデザイナー)の3名を紹介します。

    会期:9月4日(土)~10月10日(日) 休館日 水・木曜日(祝日開館)