西嶋 亜美 NISHIJIMA Ami 

nishijima.jpg

職名 講師
担当 美学・西洋美術史
専門分野 西洋美術史(19世紀フランス美術)
担当科目 (学部)美学講義、西洋美術史講義、博物館入門、博物館実習Ⅰ、博物館実習Ⅱ
(大学院)芸術学(美学)特講、美術史特講(西洋)

 

略歴

2009年 京都大学大学院文学研究科修士課程修了、博士後期課程進学
2010年 フランス、パリ・ソルボンヌ大学美術史考古学研究所招待研究員(~’12年)
2012年 京都市立芸術大学美術学部非常勤講師
2013年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学

 

研究活動

詳しくはこちら

 

主要論文

-西嶋亜美「ドラクロワによる二点の《ジャウールとハッサンの闘い》――戦闘イメージの起源と北アフリカ旅行の意義をめぐる考察――」『日仏美術学会会報』第34号平成27年に掲載予定(査読あり)
-西嶋亜美「ドラクロワ作《トラヤヌス帝の正義》――知的文化的潮流から絵画へ――」『鹿島美術研究年報』別冊、平成26年、153-163頁(査読なし)
-西嶋亜美「ドラクロワ作「墓地のハムレットとホレーシオ」諸作品をめぐって―演劇の豊饒さから絵画独自の効果へ―」、『美術史』第172冊 、平成24年、173-191頁(査読あり)

 

講演・口頭発表など

-西嶋亜美「ドラクロワの著述にみる文学と絵画」広島芸術学会第28回総会・大会(2014年7月27日、於ひろしま美術館)、50分間、レジュメ審査あり
-西嶋亜美「ウジェーヌ・ドラクロワによるバイロン作『邪宗徒』諸作品の再考」日仏美術学会第130回例会(2014年2月8日、於日仏会館)50分、レジュメ審査なし。
-Ami NISHIJIMA "L'emploi des théories littéraires et artistiques dans la représentation du monde antique autour de Delacroix. ", Ecole de Printemps, 10e édition Art et Savoir, 2012/5/18, Centre Allemand de l’Histoire de l’Art, Paris.

 

ひとこと

 パリをこよなく愛し、フランス近代美術を研究しています。
 西洋美術史の授業では古代からの西洋の多様な芸術作品を、美学では思想家や芸術家による芸術についての考え方を紹介します。頭をフル回転して、芸術をより愉しむための基礎を身に付けましょう。ゼミは持っていませんが、展覧会、本や映画などの情報交換に気軽においでください。