岸本 理恵
Kishimoto Rie

職名 講師
略歴 大阪女子大学大学院修士課程修了
関西大学大学院博士課程後期課程修了 博士(文学)
所属学会 和歌文学会 中古文学会
研究テーマ 中古文学(平安時代の文学)
平安時代に作られた作品を解釈するだけでなく、それがどのようにして現在まで伝えられてきたかということに興味を持って研究しています。
担当科目 日本文学概論,日本文学史II,日本文学講読II,中古文学専門演習a,中古文学専門演習b,日本文学特殊講義
ゼミナール紹介 各自興味を持った作品について、それぞれにテーマを見つけて研究を進めています。学生によって扱う作品はさまざまですが、だからこそ考えたことを話し合う中で、思いがけない発想を得ることや発見をすることがあります。真剣に、でも楽しく活発に、考えを聞いてもらったり意見を述べたりしています。
業績
(著書)
『海人手子良集・本院侍従集・義孝集新注』共著(片桐洋一・三木麻子・藤川晶子)青簡舎 2010年
(論文)
伝西行筆和泉式部続集の原形(『尾道大学芸術文化学部紀要』10号 2011年3月)
定家監督書写の和泉式部集(『国語国文』第76巻7号 2007年7月)