藤井 佐美
Fujii Sami

fujii.jpg

職名 准教授
略歴 立命館大学文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
所属学会 説話・伝承学会、日本民俗学会、佛教文学会、説話文学会、日本昔話学会、口承文芸学会、奄美沖縄民間文芸学会、中世文学会、中古文学会、日本宗教文化史学会、日本仏教綜合研究学会、西行学会、日本文芸学会 等
研究テーマ 唱導における教義と説話の位相、南西諸島の民間伝承、説話をめぐる伝承文化
担当科目 日本の文学、 民話研究、民俗学I、 民俗学II、 瀬戸内文化論、 伝承文学専門演習a、 伝承文学専門演習b、 卒業論文(構想・準備)、 卒業論文(制作)、 (大学院) 地域文学特論
ゼミナール紹介 調査や情報交換は手作り感あふれる地図や膨大な資料を使う「楽しいひとゝき」で、多種多様な研究テーマが持ち込まれる不思議空間です。
自己紹介 文献調査とフィールドワークを通して多角的に伝承文化を研究しています。前向きな姿はキャンパスで…。
業績
(単著)
『真言系唱導説話の研究ーーー付・翻刻 仁和寺所蔵『真言宗打聞集』』(独立行政法人日本学術振興会平成20年度科学研究費補助金〈研究成果公開促進費〉出版図書、2008年、三弥井書店)
(主な論文)
「人魚と津波」の伝承世界ーーー南島の「物言う魚」をめぐってーーー」(『奄美沖縄民間文芸学』第6号所収、2006年)
「亀の教えーーー民間説話「人魚と津波」の視座よりーーー」(『尾道大学日本文学論叢』第2号所収、2006年、尾道大学日本文学会)
「内閣文庫蔵『金玉要集』六度集経説話の背景」(『唱導文学研究』第5集所収、2007年、三弥井書店)
「行遍口傳『参語集』覚書」(『唱導文学研究』第6集所収、2008年、三弥井書店)
「石垣島の御嶽と説話---四箇の伝承事例を中心に---」(『説話・伝承学』第20号所収、2012年)