井本 伸
Imoto Shin

職名 教授
略歴
2003年3月 神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了 博士(経済学)
2003年4月 沖縄国際大学商経学部講師
2005年4月 沖縄国際大学経済学部准教授
2010年4月 尾道大学経済情報学部准教授
2016年4月 尾道市立大学経済情報学部教授
所属学会 日本経済学会、日本財政学会
研究テーマ マクロ経済学
担当科目 経済学入門II, マクロ経済学I、マクロ経済学II、現代の経済学、基礎演習I、専門演習I、専門演習II
業績
(1) An example of nonlinear endogenous business cycle model: built in the trade union. Economics Letters 81, 117-124. (2003)
(2) 「経済主体の活動期間が有限であるような連続時間型世代重複モデルに関する考察」『沖縄国際大学経済論集』第1巻、第1号。(2004年)
(3) 「効率賃金モデルと内生的景気循環について」『沖縄国際大学経済論集』第4巻、第1号。(2007年)
(4) 「沖縄移住を考える~ブームはいつ起こったのか?」『沖縄国際大学経済論集』第5巻、第1号。(2008年)
(5) 「沖縄移住を考える~どのような人が移住してきているのか?」『沖縄国際大学経済論集』第6巻、第1号。(2009年)
(6) 「1からの経済学」中谷武、中村保編、碩学舎(2010年)
(7) 「Wage Curveに関する考察」、尾道市立大学経済情報論集、第12巻第1号(2012年)
(8) 「NHK連続テレビ小説「てっぱん」の放映に伴う尾道市への経済効果について」、尾道市立大学経済情報論集、第13巻第2号(2013年)
(9) 「Studies in Medium-Run Macroeconomics: Growth, Fluctuations, Unemployment, Inequality and Policies」Hideyuki Adachi, Tamotsu Nakamura and Yasuyuki Osumi (Eds.), World Scientific, (2015年)
(10) 「時間遅れを持つ微分方程式の経済学への援用について」、尾道市立大学経済情報論集、第15巻第2号(2015年)