藤沢 毅
Fujisawa Takeshi

 
 
職名 教授
略歴
1988年3月 上智大学文学部国文学科卒業
1990年3月 上智大学大学院文学研究科博士前期課程修了
1993年3月 上智大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
1993年4月 上智短期大学非常勤講師
1995年5月 国文学研究資料館非常勤研究員
1996年4月 広島文教女子大学専任講師
2003年4月 尾道大学助教授
2007年4月 尾道大学教授(現在に至る)
所属学会 日本近世文学会、尾道大学日本文学会、上智大学国文学会、ほか
研究テーマ 日本近世文学(読本、通俗軍書を中心とする)
担当科目 日本文学史IV(近世)、日本文学講読IV(近世)、日本文学講義II(近世)、近世文学専門演習a、近世文学専門演習b、卒業論文(構想・準備)、卒業論文(制作)
(大学院)日本古典文学特講、 日本古典文学演習、 日本文学・言語文化総論
ゼミナール紹介 近世文学に関することなら何でもあり。とは言うものの、集まってくる学生はやはり私の影響を受けてか、散文を研究対象とする人がほとんどです。中には、自主ゼミ「近世文学原典講読ゼミ」で学習した成果を生かして、くずし字で印刷された当時の資料を自分で翻刻し、研究していくという学生もいます。
自己紹介 近世文学(江戸時代の文学)には、まだ知られていないけれど、魅力いっぱいのものがあります。そうした魅力を分析し、紹介していくことが研究の主目的です。
業績
(主著・論文)  
『新局玉石童子訓』[上・下](共著)(2000年、国書刊行会)
『読本事典 江戸の伝奇小説』(共著)(2008年、笠間書院)
(最近の業績)
「『竹篦太郎』の失敗」(『鯉城往来』12、2009年12月)
「光秀の喜怒骨、重幸の剣難相―立耳軒作『石山軍鑑』における枠組―」(『鯉城往来』13、2010年12月)