小畑 拓也
Kobata Takuya

 学位 文学(博士)
主な業績 (1)「「ウォルドウ」というメディア―― 「いま、ここ」にある物語を読む手がかり
   としての拡張現実とサイボーグ―― 」『英米文学の可能性―― 玉井暲
   教授退職記念論文集―― 』(英宝社、2010年3月) 747−758頁〈論文〉
(2)「見えないロボット―― ハインラインのポストヒューマンな世界」『S-F
   マガジン2011年4月号』(早川書房、2011年2月) 217−223頁〈その他〉
(3)『マクルーハンとヴァーチャル世界』(岩波書店、2005年4月) 〈翻訳〉
(4)「タイムマシンとサイボーグ—自己統御幻想とアメリカSF 」『尾道大学芸術
   文化学部紀要3号』(2004年3月) 63-72頁〈論文〉
(5)「箱庭の窓—並行宇宙の「現実」と「虚構」—」『ドラマティック・アメリカ』
   (英宝社、2002年10月)107-119頁〈論文〉