尾道市立大学日本文学論叢第8号

尾道市立大学日本文学論叢

尾道市立大学日本文学会『尾道大学日本文学論叢』第8号(2012.12)

目 次
 [開催報告]
  林芙美子没後六十周年記念朗読コンサートについて
藤川 功和
 創作
  千蛙
菊池 麻衣子
 研究論文
  「愛憎地獄絵巻」について
塩浦 林也
  南島説話と祭祀の変容
  ―神女・真乙姥をめぐる伝承―
藤井 佐美
  志賀直哉「城の崎にて」の変容
  ―初出本文から九巻本全集所収本文まで―
寺杣 雅人
平成二十四年度三年ゼミ生
  ト部兼直覚え書き
藤川 功和
  『宝治百首』における藤原隆祐の述懐詠
三好 優希
  文永二年『亀山殿五首歌合』の真観判について
吉井 佐織
  『パストン家書簡集』におけるME THINKS
平山 直樹
  文学教材で何を読むのか
  ―芥川龍之介『羅生門』の場合―
廻野 聡紘
  滋賀県湖東域方言における「ホン」についての研究
濱野 慎一
平成二十三年度卒業論文・修士論文題目
平成二十三年度三年生・院生研究発表会発表題目
彙報