感染症について

学校感染症について

大学においては、学校保健安全法により「学校において予防すべき感染症」として下記のように分類され、大学における感染拡大防止のため「出席停止期間」が定められています。感染症と診断された場合は医師の指示に従って自宅にて休養してください。

学校感染症にかかったら 「どうしたらよいか」のフローチャートはこちらから

感染症の疑わしい症状があったら、すぐに医療機関を受診し、その結果を医務室または学務課教務係に電話で連絡してください。大学へは治癒してから登校してください。登校には治癒したという証明が必要です。治癒したら医療機関で「学校感染症治癒証明書」、もしくは医療機関にある治癒証明書を記入してもらい、医務室まで提出してください。
学校感染症治癒証明書はこちらから 病院にいく前に印刷して持っていくことをお勧めします。

 

学校感染症の種類及び出席停止期間の基準

対象疾患 出席停止期間の基準

2 インフルエンザ                             鳥インフルエンザH5N1 を除く) 発症した後5 日を経過し、かつ、解熱した後2 日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5 日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱後3 日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5 日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん(ふうしん、三日はしか) 発しんが消失するまで
水痘(みずぼうそう) 全ての発しんがかさぶたになるまで
咽頭結膜熱(プール熱) 発熱、咽頭炎、結膜炎などの主要症状が消腿した後2 日を経過するまで
結核 症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
※症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めた場合は、この限りでない
 (学校保健安全法施行規則第1819 条(平成24 4 1 日改正)

 

【第1種】危険性の高い感染症(感染力が強く重症となる)

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、 マールブルグ病、ラッサ熱、

急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS コロナウイルスであるものに限る。)

鳥インフルエンザ(病原体がA 型インフルエンザウイルスで、その血清亜型がH5N1 であるものに限る。)

 

【第3種】飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症

コレラ、 細菌性赤痢、 腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性

結膜炎、その他(ノロウイルス感染症などの感染性胃腸炎・溶連菌感染症・マイコプラズマ感染症など)

参考:学校において予防すべき感染症の解説 文部科学省HP

http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1334054.htm