『In Focus 11 -卒業生の現在-』の開催について

2020年9月2日

infocus11kanbanheader.png

『In Focus 11 -卒業生の現在-』の開催について

 

この度、尾道市立大学美術館において『In Focus 11-卒業生の現在-』を開催いたします。尾道市立大学を卒業・修了後、創作活動を継続している若手作家を紹介する企画で2010年より回を重ね今回で11回目を迎えます。今回は神田妙美、炭田紗季、水井翔の3作家の作品を紹介します。視覚的イメージを扱いながらも、作家の活動領域や扱うメディウムの違い、何より各作家の世界に対する視座の違いにより、それぞれ明確に異なる角度を持つ三者三様の表現を目撃できる企画となります。

コロナ禍以降の新しい生活様式の中、モニターの光を眺めることによってさまざまな画像を受け止める時間が増えているのではないでしょうか。そのような中、現在における視覚表現の有り様を再認識し、その可能性を再考する上でもぜひ、会場にて3作家の表現をご覧ください。

 

会期/2020年(令和2年)9月12日(土)〜10月18日(日)
会場/MOU尾道市立大学美術館
開館時間/10時〜18時 入館無料
休館日/水曜日・木曜日

 

■次回の展覧会

  「所蔵作品展」

  大学買上作品や、退任教員の作品などを紹介します。

  会期:11月3日(火・祝)~12月6日(日)  休館日  水・木曜日