尾道市立大学ポリシー

尾道市立大学における学士課程教育に関する基本方針


 尾道市立大学の教育は、専門の学芸と幅広い教養を身につけ、知的能力および豊かな人間性を発揮できる人材を育成すること、また、地域社会との連携・交流を重視し、広く地域に開かれた大学として芸術文化の向上と産業の活性化に貢献できる人材を養成することを目的としています。

1 アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れの方針)
 尾道市立大学は、次のような人の入学を期待しています。

  • 学問や芸術を学ぶことを通じて、豊かな心と幅広い視野をもちたいと願う人
  • 知と美に対する探究心と創造意欲のある人
  • 専門的知識・技能を身につけ、地域社会や国際社会に貢献したい人
  • 何事にも好奇心をもって積極的に挑戦し、自己の目標に向かって不断の努力をする人


2 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  • 各学部・学科では、本学の理念と教育目標のもと、系統性と順次性を考慮しつつ、専門的知識・技能や問題解決能力等を身につけるカリキュラムを編成します。
  • 豊かな人間性と幅広い視野を育むため、本学の特色を生かしながら調和のとれた教養教育を実施します。
  • 地域社会や国際社会に通用する人材を育成するため、コミュニケーション能力の向上やキャリア開発に資するカリキュラムの編成に努めます。
  • 社会の変化に対する自主的な対応力を身につけさせるため、自学自習の姿勢を効果的に修得させるよう努めます。


3 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
 各学部・学科の教育目標に沿って設定された専門教育科目と全学の学生が身につけるべき素養を育むための教養教育科目を履修し、厳格な成績評価を経て所定の単位数を修得したと認められる人について卒業の認定を行い、学士の学位を授与します。



 
学士・修士課程教育に関する基本方針

・経済情報学部経済情報学科
  ・アドミッション・ポリシー
  ・カリキュラム・ポリシー
  ・ディプロマ・ポリシー

・芸術文化学部
  ・日本文学科における学士課程教育に関する基本方針
  ・美術学科における学士課程教育に関する基本方針

・大学院
  ・経済情報研究科における修士課程教育に関する基本方針
  ・日本文学研究科における修士課程教育に関する基本方針
  ・美術研究科における修士課程教育に関する基本方針