尾道市立大学大学院アドミッションポリシー

 尾道市立大学の教育は、専門の学芸と幅広い教養を身につけ、知的能力および豊かな人間性を発揮できる人材を育成すること、また、地域社会との連携・交流を重視し、 広く地域に開かれた大学として芸術文化の向上と産業の活性化に貢献できる人材を養成することを目的としています。

経済情報学研究科
 経済情報研究科は、大きく分けて経済学・経営学・情報科学の3つの研究分野を持ち、学部教育をふまえより高度な研究と教育を行うとともに国際的な視野の下、経済学・経営学・情報科学の新しい発展並びに地域経済の要望をふまえた教育と研究に取り組んでいます。
 このような教育理念のもと経済情報研究科は、経済学・経営学・会計学・税務ほかの諸領域において活躍できる専門的職業人及び研究者、高度な情報科学の修得に基き経済学・経営学・会計学・税務ほかの諸領域において活躍できる情報分野の専門的職業人及び研究者を養成することを目標にしています。
 更に、国際社会への貢献並びに教育・文化の国際交流の一層の促進のために優秀な留学生の受け入れを積極的に行います。
 このような教育理念・教育目標に基づき、経済情報研究科は以下のような人を求めています。

  • 官公庁や企業において経済・経営・情報分野の指導者を目指す人
  • 海外で活躍する国際公務員や公共団体・民間団体の国際交流担当職員を目指す人
  • 地域の活性化に貢献し、地域社会の指導者を目指す人
  • 税理士や公認会計士を目指す人
  • 経済学、経営学、会計学等の分野の研究者を目指す人


日本文学研究科
 日本文学研究科は、以下のような入学者を求めています。

  • 大学の学士課程等において日本文学・日本語学・漢文学に関する基礎的な知識と研究方法を修得している人
  • 自分自身の研究テーマをもち、それを自らの力で探究していこうという意志のある人
  • 本研究科での高度な学びを通じて、社会や文化の進展に貢献していこうという意志のある人


美術研究科
 美術研究科は、個々人の資質を尊重し、表現者としてのそれぞれの立脚点と方向性を模索しながら、自己実現へ向けて、研究科教員と大学院生とのコミュニケーションを軸に研究を展開させたいと考えています。
 このような教育理念・教育目標に基づき、美術研究科は以下のような人を求めています。

  • 専門分野の基礎的な知識や技術を修得している人
  • 明確な研究テーマを持ち、持続的な探求能力を有する人
  • 表現の実践的能力の修得と、研究成果の社会に向けた発信を行うことのできる人