ウェブコンテンツ

 

はじめに 尾道ってどんなところ?

尾道市は広島県の東部に位置しています。中世から人々や船の往来が盛んな良港として栄え、昨年開港850年を迎えました。多くの神社仏閣のある町としても知られており、尾道水道と尾道三山の間の限られた空間に、なぜこれほど多くの神社や寺が集中しているかの理由については諸説あります。尾道三山の斜面地に建物がひしめき形成される独特の景観は、立体迷路のような独特の美しさを持っています。児童文学者である巌谷小波が、昭和初期に尾道を訪問した時詠んだ句「大屋根はみな寺にして風薫る」に描かれた情緒ある風景は、今も多くの人を惹きつけています。近年はサイクリングのまち、猫のまちとしても話題になることが多く、たくさんの観光客が訪れています。
(文:日本文学科教授 光原百合)

 

尾道市公式 Onomichi - Little Lovely Things -「Umi side」

 

尾道市公式 Onomichi - Little Lovely Things -「Yama side」

 

尾道市立大学の理念 

「知と美の探究と創造」

尾道市は、古くから瀬戸内の要衝として経済的な発展を遂げるなかで、美しい風光を背にすぐれた芸術文化を生み出し継承してきました。このような尾道の地の特性を生かして設立された尾道市立大学は、経済情報学部と芸術文化学部の2学部をもち、芸術文化学部には日本文学科と美術学科の2学科をおく公立大学です。尾道市立大学は、このような学部・学科構成の特徴を生かしつつ、人と情報が集まって「知と美」を探究する場、そのなかで新たな「知と美」を創造しその成果を社会に発信する場、そして学問と人間的触れ合いを通じて有為な人材を育成する場となることによって、学術・文化の向上と社会の発展に貢献します。

 

 

学長メッセージ動画

藤沢毅学長が本学の魅力や特徴などについて紹介します。

 

尾道市立大学 大学紹介

 

 

学科紹介動画

本学の特徴ある3学科での学び、取得できる資格、進路などについて各学科の教員がわかりやすくご説明します。

 

経済情報学部 経済情報学科

 

芸術文化学部 日本文学科

 

芸術文化学部 美術学科

 

模擬講義動画

ふだん行われている講義の雰囲気を感じられる模擬講義動画です。

 

経済情報学科模擬講義『回帰分析入門(回帰直線の導出)』(講師:南郷 毅)

 

研究小話

本学での研究活動について、教員が動画でわかりやすく解説します。

 

経済情報学科准教授 木村文則『「文系には必要ない」と思っている人にこそ聴いてほしい人工知能の話』

 

 

研究室紹介

本学の研究室では日々どのような研究が行われているのでしょうか。各学科の教員がその一端を紹介します。研究以外に興味があることなどもお話しいただいており、先生方のまた違った一面も垣間見ることができます。

 

キャンパスマップ

キャンパスマップの詳細はこちらです。Googleストリートビューにて施設内も見ることができます。